SAGA監督がもの申す!

 余りのふがいなさに、阪神タイガースというカテゴリをつくってしまった。。。。^^

 今年の阪神タイガースのひどい。これだけ酷い試合をしていても借金5,5位でいられるのは、ヤクルトがあまりにも酷すぎるからに他ならず、本来なら最下位だろう。それほど酷い。
 先発投手の責任云々ももちろん大きいが、それ以上に得点能力が低すぎる。得点能力がある程度あれば、点をとられながらも先発は中盤までもつし、序盤でノックアウトされても中盤で逆転できるのに、今の阪神はわずかばかりの先取点をとり、先発が6回までもち、JFKにつないで1,2点を守り抜く、という全ての条件が完璧に揃ったときしか勝てない。胸の空くような逆転勝ちを見たのは、4月の読売三連戦の緒戦だけ。

 得点能力の低さは、開幕以前から懸念されていた。有田その他の解説者が指摘していたことだ。ひとつは金本の年齢、その金本におんぶにだっこ状態であること、怪我から復帰の今岡は未知数であること、長打が余り期待できない助っ人シーツ、矢野の年齢、鳥谷-赤星の1,2番構想が心配であること…などである。予想通りとなったわけだ。
 加えて、当初は投手力には問題ないと言われていたのに、その頼みの綱さえボロボロになってしまったため、今の状態が生まれたわけである。それでもまだ借金5にいるのは、先に述べたようにヤクルトの悲惨さに助けられていることと、余りにJFKが凄すぎるから、その2点に尽きる。これでJFKの1角でも離脱したら唯一の勝ちパターンすらなくなることになる。

 そこでわたしが得点能力アップのために考えることは以下のとおりだ。
1.打順の変更…鳥谷1番はダメ。脚を使わない(使えるのに使わない)、粘りのない1番はいらない。1番は赤星しかいない。2番は関本が妥当だが、今岡という線もある。今年の今岡はポイントゲッターには使えない。右打ちが巧いから2番において進塁打や単打ねらいに徹する。4番は金本のまま。3、5番だが、シーツ、林、濱中、関本、これらをDH有無などの要因も考慮して組み合わせれば良い。鳥谷は6番か8番。あるいは、8番投手で9番鳥谷もアリだ。
2.アグレッシブな走塁…もうやぶれかぶれでもよい。暴走と好走は紙一重。安全策ばかりとっている阪神だが、1塁走者は単打でも迷わず三塁へ突っ込む。2塁走者は本塁へ突っ込む。失敗と同じくらい成功があれば、それだけ得点できるってことだ。
3.助っ人をとる…この時期の助っ人はほとんどハズレだが、ダメモトで安い外国人を獲ってくる。ジョージ・アリアスのように穴はあっても一発があるタイプがいい。ポジションはできれば1,3塁。使えるようなら今岡の代わりにサードに置いて6番あたりを打たせる。

 今日はこれからロッテ戦だ。ただでさえ苦手なロッテ。目下パリーグ首位。気が重い。。。

| Comments (68) | TrackBack (2)