決定的に欠けているもの-PDCAサイクル

それなりに企業に勤めた経験の持ち主ならPDCAを知らぬ者はいないはずだ。
計画->実行->結果の評価->評価を踏まえた改善->改善を組み込んだ計画->実行・・・というサイクルを延々と回していくもので、企業経営の基本。ただ、基本であることはわかっていても、えてしてPDは行われてもCAが軽視されがちであることも確か。たとえば、このシステムの開発に要するコストは1億円だが、収益向上に年間2千万寄与するので、5年で黒字転換する、とかいって計画と実行はするものの、本当に5年でコストを回収できたのか、という評価がなされず、つくりっぱなしということが結構ある。こういう怠慢は企業の業績悪化にもろに反映するので、わたしがいた会社も次第にCAを固めていった経緯がある。

このPDCAにおけるCAの欠落がもっとも酷いのが政治だ。国会ではさまざまな法案が成立する。今季おさわがせの給付金に限らない。予算が成立すればPLAN(計画)は完了であとは実行するのみだ。給付金についていえば、○○円の経済効果があるという理由で施行することになるわけだが、さて実行した後が問題なのだ。本当にそれだけの経済効果があったのかどうかCheck(評価)されるかというと100%されない。評価しないから、Action(対策、改善)もされない。要するにやりっぱなし。このようなことが普通にまかりとおるのが日本の政治である。神様じゃないのだから、効果がある施策もない施策もあって当然で、成功も失敗もあるはず。一番始末におえないのは、評価をしないから、成功したのか失敗したのかまったくわからない状態だ。「ゆとり教育」だって、あきらかに学力の低下につながっているのに(もちろん悪いことばかりかどうかはわからない)、文科省は失敗だとは認めていない。あれはあれで正しいとくる。では授業時間や内容の見直しはいったいなんなの?ということになる。
公共事業もそうだ。橋をつくってらつくりっぱなし。計画時はこれだけの採算効果があるといっていても、作ったあとほんとうにあったのか誰も検証しない。だから同じ無駄が延々と続くことになる。もちろん、公共事業がすべてコストと採算で割り切れるとは思っていない。雇用効果もあるだろうし、単純じゃないことはわかる。だからこそ、すべての要素を組み入れた評価と検証がなされるべきじゃないのか?

司法などはCAの欠落の典型だ。日本では判例から2人以上殺さないと死刑にならないというふざけた状況にあり、たとえば先般の江東区におけるOL殺害。遺体をバラバラにしてトイレから流した、というこの事実だけで極刑に値するというのが常識だと思うのだが、計画性がないとか、レイプは未遂だとか、殺人にいたるところばかりとりあげて、死者の尊厳、遺族への精神的被害は一切考慮されなかった。まあそれはさておいて、「被告は厚生の余地がある」と決まり文句が出ているわけだが、さて刑期を終えて出てきた人間が更正したかどうか、評価がされているかというとまったくされていない。これもやりっぱなしだ。更正できると判断したのだから、結果を検証するのは当然だろう。もしできなかった場合、二次被害者が出るのに。更正できたひともいるはずだから、両者の違いをきちんと検証して、裁判の判断に盛り込んでいく、つまりPDCAサイクルをまわすべきだと思うのはわたしだけじゃないはず。

まあ、とにかく行政と司法がPDだけでCAをまったく欠いている限り、政権がどうなろうが、永遠に何も変わらないと断言しておこう。

| Comments (374) | TrackBack (1)

見逃してはいけないこの事実[元厚生労働省事務次官刺殺事件]

年金担当だった元厚生労働省幹部をねらったテロ?と大騒ぎの連続事件。
最初に言っておくが、年金問題その他の問題にかこつけた事件であってもなくても、被害者と加害者に何らかの個人的な事情がない限り100%犯人を擁護する気もなければ、同情する気もない。

ただここでみのがして欲しくないのは、殺された元事務次官が渡り鳥と呼ばれる天下りをやはりやっているじゃないかという事実だ。退官後、独立行政法人の理事長へ、さらに現在の日本生活協同組合連合会:理事長へ。2回あまくだってる。理事長といっても、「妻とのんびりくらしたい」と放していたように、ずっと家にいて仕事などしていない。だがちゃんと給料はもらってる。

納得できますか?

前述したように犯人はただの殺人者であり一切同情するつもりはない。だが、被害者に対しても同情するきになれない。大阪でひき逃げされて死んだ新聞配達の少年、本屋でアルバイトしていたらいきなり指された女子大生。かれらに対しておぼえる気持、犯人に対するすさまじい怒り。今回はそれがまったくないのはわたしだけだろうか?

| Comments (268) | TrackBack (0)

まともな人間が辞めてふざけた人間が上にいる日本社会に喝!

言うまでもなく、辞任した田母神前空幕長だ。
国会答弁をみたが、実に堂々たる言い回しと振る舞いで、適当に仕事をしていない、彼に意見に賛否両論あるにせよ、今の政治家や公務員に最も欠如している鉄の信念と原理原則がみてとれる。久しぶりに見た感じだ。ニュースに映る日本のトップに立つ面々は、保身だけみてとれて、己の信念というものがかいまも見えぬことが多かった。つくづく、田母神前空幕長のような人間が、去らねばならない日本の馬鹿げた政治システムに愛想が尽きる。

繰り返すが、田母神前空幕長が論文に書いた意見の是非については賛否両論あるだろう。もちろんわたしは全面的に彼を支持するが、そうでないひともいるのが民主国家であり、それは構わない。しかし、彼は言い逃れなど一切せずに、国家を守るべき立場にある人間としてきちんと勉強し、中曽根や河野や村山のようなイデオロギーもない、ただ思いこみだけの人間の発言と異なる歴史観をのべ、単なる自己満足に終わることなく、自衛官の士気高揚のために行動した。そのことをはっきりと答弁で述べている。曖昧にして保身に走る政治家どもとは、肝の据わり方が違う。そして彼は言う。自分の意見と村山談話のどこがどう違うのか指摘せよと。まったく、本当に久しぶりに漢をみた。なぜなら、自民党も民主党も(その他はどうでもいい)、ロジックにはいっさい踏み込まず(勉強していないから踏み込めない)、単に政府見解と異なること、立場からして問題であること、だけを指摘しているからだ。要するに、大東亜戦争に関する見解、東京裁判に対する見解は、学者なら言えることでも、政治家はリスクがありすぎて踏み込みたくない、だから一切ふれないわけで、そういう卑怯者と田母神前空幕長のような真っ向勝負の人間との差が、TVを見ているだけでもブラウン管から猛烈に出ているのである。

しかし戦後70年ちかく経って、経済大国となっても政治的にはまったく成長していない日本では、出る杭はうたれる、ただそれだけ論理がまかりとおっている。そしてきちんと勉強して物言う人間は辺境jに追いやられ、金とバックグラウンドだけあって、ビジョンも信念もかけらもないような人間が延々とトップにいすわる、このシステムはまったくかわっていない。

小沢にいっておこう。自民党がだめであることは百も承知。だが民主党はそれ以上に駄目だろう?国民にしてみれば、どぶ川さらってどっちがでてきてもおなじだから、って感覚かな?旧社会党と日教組を抱える民主党には無理なのはわかってるが、もし田母神前空幕長にきちんとロジックで質問するなら、あるいは金融危機でどこかにとんでしまった(というか自国民よりも中国を気遣う日本がとばせてしまった)毒入りギョーザとかメラニン混入とか、自公連立が手を出しにくい部分に正論で斬り込めば、あっというまに民主党の支持率はあがると思うんだがね。。

まあここは田母神前空幕長の話。とにかく久しぶりに漢をみた。それを言いたくてね。

| Comments (272) | TrackBack (0)

あっぱれ、中山元国道交通省大臣!

中山国土交通省大臣辞任。
最初にいっておきますが、大臣としての責務をまったく果たさなかった件について中山氏は非難を浴びて当然だと思います。この件に関しては拉致問題担当であった中山恭子さんの夫であることから裏があるとも考えますが、後日判明するでしょう。

ただ中山氏が言ったことは真実です。
「日教組はガン細胞」だからです。
おそらくわたしと同じくコンサバ思想の人間の多くはこの点に関しては同意するはずです。
教職員としての本職を果たさず、平和団体的な活動にひたすら精を出し、教壇に立てば立ったで国家も日の丸も否定することを生徒に教える彼らこそ、阿部のいった戦後レジームから脱しきれず、いまだに自分の足で歩けない現代日本をつくりあげた根本原因のひとつだからです。まさにガン細胞。もっとも、最近ではその勢いも衰えておりますが。思ってはいてもなかなか言えない台詞を目立つ大臣という立場で言ったことについて、「あっぱれ」と申し上げたい。

さて、もうひとつのガン細胞はいうわずもがな創価学会です。支持母体とする公明党が中山氏を猛烈に批判したのは当然ですね。いわば同胞をけなされたわけですから。日教組を支持母体とする民主党が非難するのは当然ですが。

さて、これで最悪の世襲内閣麻生丸はまた一歩沈没に向かいました。わたしは小沢民主党は好きではありません。しかし、自民党の醜態と腐敗、政策がまったく異なるはずの公明党と数の論理で手を組む現与党はもっと嫌いなので、総選挙は民主党にいれます。自民、公明や野に下ります。そこからわたしが描く図面は・・・

長くなるのでまた今度。

| Comments (244) | TrackBack (0)

犯罪者にことごとく先手をとられる日本っていったい?

日本国家はもはや滅ぶべし、とさえ思える昨今。
福田の辞任はむしろ歓迎だが、何度かここにも書いたとおり、きゃつは日本を滅ぼしかねない多くの外交面での負債をつくってしまったため、今後誰が首相になろうと、その代償は高くつく。いや、もはや回復不能とさえ思える。

ここでは拉致犯罪について述べてみる。
予想通り、犯罪国家北朝鮮は次期首相の対北政策がはっきりするまで、拉致の調査をしないと言ってきた。言い換えると、阿部以前のような強硬姿勢なら調査はしません、ということ。これはまさに恐喝である。しかし、北がそう言うのはわかりきっていた。福田と高村が当てにならない調査と引き替えに制裁一部解除などという緩和政策に舵をきってしまったがため、北に先手をとられてしまったのだ。もし次期首相が強硬路線に戻した場合、北は日本が約束を守らなかったため、こちらも約束を守らないと言えるわけで、そうなると拉致の問題は小泉時代のふりだしに戻ってしまう。だから次期首相は融和政策をとり続けねばならない、という最悪のスパイラルに陥ってしまった。犯罪者は北朝鮮である。犯罪者に主導権を握られてしまったのである。制裁と圧力路線を続けて、国際世論に呼びかけ続けていれば、たとえ膠着状態だったとしても先手をとられることはなかったが、こうなるともはやその状態には戻せない。福田政権はよど号犯人を逃がして世界から非難を浴びたオヤジ以上に多大な過失を犯したのである。

気の毒なのは拉致被害者と被害者の会だ。愚かな外交のおかげで、また拉致犯罪の解決は不可能に近くなった。後は、金正日死亡、軍部の暴走など、北の自然崩壊しか望みがない。

拉致被害者はこんな国に生まれたことを心から後悔するであろう。

| Comments (281) | TrackBack (0)

やはりそうきたか?w

この数日、報道番組や新聞を読んでると「やはり誰もがそう思ったか」と思わず苦笑いしたツッコミが出ている。

すなわち、福田が五輪開会時に中国首脳と会談したときに言った言葉。
「餃子事件は<国民の関心が高いから>ちゃんと対処してほしい」

斎木アジア大洋州局長が北との実務者会議で言った言葉。
「拉致被害者の問題は<国民の関心が高いから>きちんと対処して欲しい」

太田農水大臣がTVで言った言葉。
「<消費者がやかましいから>食の安全の問題は徹底的にやっていく」

等々。

正確ではないが、<>のところだけが問題なので関係ない。
要するに、政治家、官僚にとって、拉致事件も毒餃子も産地偽装などの食の問題も、自分自身はまったく関心がない、他人事としか考えていないということがよくわかる。福田が国民目線とかふざけたことを言った時点でかなり頭にきたが、自ら本音をさらしたというべきか。こういうことは、普段から意識のなかにあるから何げに出てくる言葉であって、いわゆる失言の類には入らない。

ではもし彼らがまっとうな感覚を持っていればどう発言したか?
国民の関心が高かろうが低かろうが全然関係ない。

「餃子事件は、わが国の国民の命や健康に関わることだからちゃんと対処してほしい」
「拉致被害者の問題はわが国の国民の生命に関わる事件だからきちんと対処して欲しい」

当然こうだろう。首相にしても外務省のトップにしても、公僕として国を守る、国民の安全を守ることが自分たちの使命だという普通の認識があれば、自然にこういう発言になるはずだ。こういう風に言ったから効果があるとかないとかの問題ではない。日本政治のトップたちに、当然あるべき意識が全く欠落していることが問題なのである。ここが諸外国の首脳との決定的な違いである。
拉致にいたっては、北との約束を守って被害者を帰すべきだったという福田とか加藤のような政治家が普通に存在する、しかもかれが政界で権力を握ってる。約束?好きで行ったのなら関係ないが、被害者は誘拐されたのである。「問題」じゃない。「国家犯罪」だ。何度も書いているが、アメリカであれば特殊部隊を送り込んで即座に奪回している。たとえそれで戦争状態になっても躊躇しないだろう。なぜなら、国民の生命を他国の脅威から守るのが国の使命という、当たり前で一番重要な意識を強く持っているからだ。またそうでなくては、多民族国家のアメリカをまとめることなどできない。アメリカだけではない。先進国から後進国にいたるまで、この意識だけは世界共通のものだ。日本だけである。誘拐犯人との約束を守れ、などと信じられないような意見が公然と出てくるのは。

最初の3つの発言を聞いたときにわたしは真っ先にここに書いたような感想を抱いた。そしておそらく、同じようなことを評論家その他が書くだろうと思っていた。でやはりそのとおりになっている。どんどん、叩いてやればいい。消費者目線などになれるわけがない。国民の目線など到底無理。それができるのは民間出身の一部の議員くらいなものだろう。そうした人間には権力がないのが余りに悲しいが。

繰り返すが「失言」じゃないよ。
失言だったら、訂正してみんなすぐ忘れてしまう。
彼らの本音を示す言葉だから皆さん絶対に忘れないように^^

| Comments (90) | TrackBack (1)

五輪精神という欺瞞

北島選手金メダルおめでとう!素直に喜びたい。だが、世界選手権等々、スポーツの祭典としての五輪の意義は認めるが、平和の祭典というそもそもの五輪精神につぃてはまったくの欺瞞というべきであろう

周知のように、北京オリンピックで沸く中、すぐそばのウイグル自治区では中国の軍隊(武装警察は軍隊である)と弾圧に抗議する市民が衝突。中国はこれをテロと呼ぶが、アメリカがイスラム原理主義者をテロリストと呼ぶのと同じく、自分に都合の良い「正義」のねつ造以外の何者でもない。
また、四川大地震の被災地では今も生活すらままならぬ被災者がごまんといるにも関わらず、中国政府は五輪運営にかかりきりで放置状態だ。
さらに例によって東欧の国では内戦が起き、これまた例によってロシアが軍事介入してグルジアと完全な戦争状態に突入している。アメリカはこれに対して抗議声明を発表しているが、もとより勝手な都合でイラクを爆撃、壊滅したアメリカにそんな資格はない。そもそも冷戦時代ならグルジアの援軍に回り、代理戦争が勃発していたことだろう。ロシアはチェチェンによる無差別テロを浴びてきたが、これもそもそもロシアの悪行による自業自得であり、軍事力の差をみれば今回グルジアの負けは確定だが、将来グルジアによるテロ攻撃を浴びることは確実だ。これもまた自業自得というものだが、ロシアは「正義」をねつ造するであろう。

そんなさなか、中国政府は五輪精神に則って戦争の即時停止を訴えたが、これもまた大いなる欺瞞に満ちている。国民に自由も権利もなく軍事力をひたすら蓄えて民族を一方的に弾圧、虐殺している中国に五輪精神などという言葉を用いて他国の戦争を非難する資格はない。

冒頭でスポーツの祭典としての意義はあっても、平和の祭典という意義はなく、それを語るのは単なる欺瞞であると述べたのは、このようなバックグラウンドがあるからだ。特に今回の北京五輪は、中国の国威を世界に示すことに重きが置かれていて、これまで以上に五輪の政治的利用のにおいが鼻につく。検閲だらけで横断幕すら自由に作れない五輪など本来の精神からは遠く離れたものに映る。

メダルに沸くのは結構。わしだってうれしい。しかし、祭典の横で数知れぬ戦争と自由や人権の弾圧や虐殺が行われていることを忘れてはいけない。

| Comments (94) | TrackBack (1)

五輪など辞退しなさい

昨日のウイグル自治区でのテロ。自治区への弾圧、虐待のはねっかえりであり自業自得だから中国にはまったく同情しない。むしろこれをきっかけに中国国内がアフガンなみに混乱すれば、世界の中国に対する妄想も少しは修正されるだろう。起きるべくして起きた事件なのである。

それもよりもその場を取材した日本の記者が中国武装警察に拘留され殴る蹴るの暴行を受けたことが本日判明した。正式に取材許可を得たうえでのことである。当然、新聞社は強く抗議すると発言しているが、より強く抗議すべきは日本政府であろう。中国から真相究明、きちんとした謝罪があるまで、大使を召還するくらいの抗議行動があってしかるべきだ。何度もいうように何を置いても国民の生命と財産を守るのが国の役目だからだ。しかし町村は「強く抗議します」と淡々の述べたのみ。まあまったく期待していなかったので落胆もない。拉致被害者を北に返すべきだったなどと語った福田や加藤、山崎などが権力を握る日本政府なのだから当然の対応かw

ならば民間が抗議するしかない。わしは五輪出場を辞退するべきだと思っている。これは、今回の事件があったからというわけではない。ギョーザ事件もそうだし、所有権侵害もそうだし、チベットでの暴動もそうだし、とにかく中国のやっていることは「自由と平和」とはまったく対極にあるものだ。実際、ドイツの名君と思われるメルケル首相も英ブラウン首相も開会式には出ない。われらが愚将福田くんとかこれまたオバカなサルコジくんとか、さらにオバカなブッシュくんあたりはぞろぞろと出て行くがw

しかしわしがクビをかしげるのは日本の選手たちが、意気揚々と五輪に挑んでいることである。スポーツと政治の分離というが、ちょっと都合の良い解釈がすぎる気がする。実際、世界のトップアスリートや映画俳優などの有名人は、人権問題とか環境問題とか貧困問題とかに敏感なひとが多く、相反する国の大会には出席しなかったり、抗議文を背負って走ったり、自ら貧困地に出向いてボランティア活動をしたり、スポーツ以外に色々と活動している。彼らには単にスポーツで勝つことだけでなく、スポーツを通して世界平和や自由世界を具現しようとする熱意が感じられるのだ。

だが日本のアスリートにそんな意識は皆無にちかい。五輪でメダルをとることだけしか頭にない。こういう意識の違いが、現代世界における日本と国際社会にさまざまな分野で見られるように思う。

五輪を日本が辞退することはありえないしその必要はない。しかし選手個人は自由である。人権迫害や国家犯罪がまかりとおる中国ではプレイしたくない、そんなアスリートがひとりもいないのは、非常に残念だ。

| Comments (402) | TrackBack (0)

責任をとらない人々

最近のやつは・・・てな話ばかりで恐縮だ。わたしは昔のほうが良かったなどと安易なアナクロに染まっているわけではない。昔より今ほうが良いことのほうが圧倒的に多いだろう。だが戦前の人にあって、現代日本人(外国人はよくわからない)に希薄になっているものもたくさんある。多くは精神的なもので、日本人らしさを現すIDとも言える重要なエッセンスである。

そのひとつが「覚悟」だとわたしは思ってる。

戦前の人間には覚悟があった。自分がなすべき使命がいかに過酷であろうともじたばたせずに受け入れて全力で遂行する覚悟。リスクを冒して行動する場合に失敗したときに最悪命を賭す覚悟。善なる行動においても、悪なる行動においても、命を賭けるだけの覚悟があったように思う。

ドラマの世界を引き合いに出して恐縮だが、「篤姫」で幾島が身をひきたいと申し出るくシーンがあった。吉宗を時期将軍にできなかったことで自分を許せない、そう言うのである。吉宗が14代将軍になれなかったのは篤姫の判断によるものだが、決して他人のせいにはしない。使命を果たせなかった自分の責任だと語る。わたしはこのシーンに日本人のエッセンスを見る。潔さは覚悟と表裏一体。
乃木大将の殉死についても同様だ。もちろん諸説あるのは知っているし、いたずらに美談にするつもりはない。しかし、日本古来から武士や軍人に切腹という責任の取り方があったことは誰も否定しまい。流順攻略で多大な戦死者を出したことが無関係とは考えられず、現場の指揮官として責任をとったという解釈は自然だろう。

こういう例は珍しくない。戦前までは責任をとることは割腹自殺を意味するくらい己にとって重大なことであり、それゆえに責任を背負う覚悟があった。ひるがえって現代の日本人はどうか?

桐生第一高校の事件。高校野球出場は辞退しない。それはかまわない。しかし、校長や野球部長はいっさい責任をとらないというのはまったく理解できない。個人のやったことだから、みたいな言い方をするが、それなら監督責任を放棄しているのと同じだ。校長と野球部長は辞任し、わしらが責任をとるから無関係な部員たちは出場させてやって欲しい、それで筋を通すなら納得がいくし、当然そうすべきであろう。
続出する産地偽装とか公務員の不祥事も同様だ。担当者、担当部だけの責任のような顔をしているトップが多いが、彼らには部下の責任をすべて背負い込む覚悟がまったくないように見える。そんな人間はトップに立つ資格ゼロである。

もっとも、日本を背負って立っている自覚が皆無の総理大臣、大臣ポストをひたすら待つだけが楽しみで官僚に支配されるだけの国会議員等、日本のトップがこのていたらくだから、仕方ないかw ひと昔前なら、クーデターや暗殺事件が起きてもおかしくない不穏な情勢だが、今の日本人は牙を抜かれているので政治家が命を落とす危険はほぼゼロ。そういう意味でも戦前のリーダーとは覚悟が違うと思うのである。

| Comments (100) | TrackBack (1)

自殺のすすめ

毎日毎日殺人や殺傷事件が多すぎてどれがどれだかわからないくらいの現在の日本。

アキバズマサカーがあったと思ったら殺人がもっとも似合わない場所のひとつ本屋で店員が刺殺され、今度はかつての母校の教師に対する恨みで卒業生が教師を刺した・・・。どいつもこいつも思考回路は同じ。自分の人生の絶望感を社会や他人のせいにして、短絡的な行動に走る。しかも「人生が嫌になった」「死にたくなった」とか言いながら、他人を殺して自分はのうのうと生きて逮捕されてる。

そんなに人生が嫌になったんなら、ひとりで自殺せい!w
結局自殺する勇気もなくさびしくひとりで死にたくないから、周囲に責任転嫁して無関係な人間を殺傷する。
要するに八つ当たりである。

ところが社会心理学のおえらい先生方までが、こういう輩を生み出した社会が悪い、社会を変えないと、などと言い出す始末。愚かな。。。変えるべきは教育だけだ。親も含めて。何をといえば

・権利より義務
・自由より忍耐
・責任を背負い込む勇気
・孤独に耐える精神力

こんなところだろう。要するに戦後教育とまったく逆のことを教えればいいだけだ。自由と権利、自己主張と融和ばかり教えるものだから、ちょっと蹴られるとすぐにへし折れるへなちょこばかりの世の中になってしまった。

実に皮肉なことだが、戦後まもない苦しい時代、つまりうちのオヤジやお袋が少年少女期を過ごした時代のほうがモラルが高かった。ひとつのおにぎりを兄弟7人でわけたそうな。食い物も着る者もない、貧しい時代。だけど、みんな忍耐強かった。もちろんヤクザその他が幅をきかせていたり、治安が良かった訳じゃないが、今のようにまったくのど素人や少年少女が安易に殺傷事件を起こすようなことはなかった。社会がどうのというなら、当時の混沌とした社会より今のほうが良いに決まってる。それなのに、モラルは当時のほうがはるかに高い。本当に皮肉な結果である。

繰り返すが、自分の人生が嫌になったら自殺しなさい。
他人に迷惑をかけないよう場所を選んで。

それが怖いなら歯を食いしばって生きるべし。
同じく他人に迷惑をかけないように。

そうそう、自殺者増加も問題になっているが、わしは全然問題だと思わない。
死にたいのなら死ねばよい。動物のなかで人間にだけが保有する、それこそ「権利」なのだから。

| Comments (144) | TrackBack (3)

より以前の記事一覧