純情きらり(再放送視聴中)

最近、カタイ政治ネタばかりなので、久しぶりにドラマネタ。

実は、遅ればせながら

拙者は『純情きらり』にはまっている( ´∀`)つ

今、NHKBs hiで再放送中ですね~。
わしは、朝ドラを必ず見る人間ではないし、ドラマもキャスティングだけで見るほうなので、宮崎あおいのこのドラマは、ほとんどまともに見てませんでした。で『篤姫』絡みで再放送を偶然見始めたら素晴らしいのでずっとみておるわけです。朝ドラ的には、ちゅらさん以来、本気で見たのは『ちりとてちん』だけで、瞳などは論外、現在放映中のでんでんももう離脱してしまい、さびしいなあと思ってた矢先にきらりの再放送に出会ったわけです。

いやー、すばらしいですねー。宮崎あおいの演技的実力は『篤姫』見ていれば当然なんですが、脇役が素晴らしい。相手役に福士はいいとして、戸田恵子に寺島しのぶに西島秀俊に室井滋に・・・と凄い顔ぶれ。。しかも西島さんの一見自堕落で自由だけどどこか悲壮感がある役どころは太宰治がモデルなんですね・・・

最近、『篤姫』しかみてませんでしたが、まいにち『キラリ』が見られて助かりました^^

朝ドラだってやろうと思ったらできるはずなのにね。。

| Comments (221) | TrackBack (0)

お気に入り番組表

万年さんのブログ経由、わたしもお気に入りの週間番組表を作ってみました。
なかなか入りきらないのですが、野球中継とニュース系を除くと、こんな一週間ならテレビにかぶりつきかもしれませんw

日曜
19:00 宇宙戦艦ヤマト
19:30 ルパン三世(ファースト)
20:00 独眼流正宗
21:00 日曜劇場(一話完結版)
22:00 刑事コロンボ

月曜
19:00 ウルトラQ
19:30 部長刑事
20:00 イグアナの娘
21:00 ピュア
22:00 傷だらけの天使

火曜
19:00 ワンピース
19:30 フランダースの犬
20:00 太陽にほえろ!
21:00 大都会 闘いの日々
22:00 横溝正史シリーズ(古谷一行版)

水曜
19:00 機動戦士ガンダム
19:30 チキチキマシン猛レース
20:00 雑居時代
21:00 沙粧妙子-最後の事件
22:00 ロンドンハーツ(格付けしあう女たち)

木曜
19:00 クイズタイムショック
19:30 スケバン刑事Ⅱ
20:00 謎の円盤UFO
21:00王様のレストラン
22:00北の国から

木曜
19:00新八犬伝
19:30 七瀬ふたたび
20:00雲霧仁左衛門
21:00赤い疑惑
22:00料理の鉄人

金曜
19:00 仮面ライダー
19:30 機動戦士ガンダム
20:00 われら青春
21:00 ザベストテン
22:00 必殺仕置屋稼業

土曜 
19:00 クイズダービー
19:30 部長刑事
20:00 人造人間キカイダー
20:30 デビルマン
21:00 白い巨塔(田宮版)
22:00 キイハンター

大体の時間はあわせてますが、入らないものは適当にw
一番よくテレビを見ていた中高生の頃は、9時からの洋画劇場が欠かせないんですが(当時はビデオなんてなかったしw)、ここでははずしてありますw

| Comments (78) | TrackBack (0)

どんと晴れ

 朝ドラ。旅館の女将争いという個人的にはすごいお気に入りの設定で配役も悪くないからずっと見てる。4-5月は展開が遅く韓流スターなぞ起用して一時しのぎの視聴率稼ぎをするなどNHKらしいいい加減さが目立ち、話の柱である女将修行はどこへいったんや?とためいきがでたが、修行断念から復帰し、いけずのライバルが登場したあたりから面白くなってきた。こういう展開は本来夜向きだろ?と言いたいひともいるかもしれないが、そもそも朝ドラが明るくほのぼのでなければならない理由はないし、古い作品をみれば人気のあった作品はみんなじめじめ系である。さすがに「おしん」は重すぎるキモするが、比較的最近でも「すずらん」などは重い内容だった。

 どんと晴れは、別に暗いドラマじゃないが、ライトな作風が続いている最近の朝ドラのなかでは久しぶりにねちねち感がある。人間関係も複雑だしいいひとばかりじゃないところに共感がもてる。特に白石美帆の嫌な女の役は待ってましたというかんじ。こうやって競い合ってこそのこのドラマじゃないだろうか。

 久しぶりに毎日楽しみにしている朝ドラである。

| Comments (63) | TrackBack (2)

石立鉄男さんのご冥福を祈ります

 急死された石立さん。関西に引っ越したので毎週「えみいSHOW」を観ているが、少し前に彼を観ていたのでびっくりした。ただ、年齢以上に老けてみえたし、豪放な性格だったので早すぎる死というのは当たらないと思う。何よりも、そばにいるひとが朝起きたら死んでいたというのは、不謹慎な言い方かもしれないが、死に方としてはもっとも安らかで、それは=彼の人生は幸せだったということに尽きるのではないかとわたしは思う。

 石立ドラマは、わたしが連続ドラマを好きになったのもこれのおかげといえるほど好きなドラマだった。「気になる嫁さん」から始まって名作「パパと呼ばないで」、一番好きな「雑居時代」、終盤テンションは落ちてきたものの「水もれ甲介」や「気まぐれ~」なども好きだった。独特のコミカルとシリアスを混ぜた演技、松木さんをはじめとするほんわかした演出も好きだったし、対照的に他局でやる「夜明けの刑事」とかのクールな石立さんも好きだった。
 杉田かおるさんは、「すれっからし」のなかで石立さんのことに少しふれているが、仕事に対して極めて厳しくストイックな姿勢だったという。彼女にとって石立鉄男と武田鉄矢は忘れられない恩師といえるだろう。(なぜか両方とも鉄がつく)。

 雑居時代は大原麗子のファンだったこともあるし、大阪志郎、杉田かおる、その他スタッフに石立ドラマの常連が揃い、「パパ」で大ブレイクした後円熟期に入ったこの路線の集大成ともいえる作品でDVDボックスは今もわたしの宝物である。何度観ても、どの話を観ても笑えるし、そのくせ泣ける。こういう時代のドラマを観られて良かったなあ、そんな気にさせる石立ドラマなんである。昔は良かったなんていうと、オヤジのぼやきにしか聞こえないが、少なくとも石立ドラマに関して言えば、主人公はバカがつくほど正直で思いやりがあって、家族はもちろん見知らぬ他人との絆も大事にして、ときにだまされたりするけれども決して相手も本当の悪人ではなく、そういう「優しい世界」が描かれていて、子供とはいえそんな甘いもんじゃないとすねてはみても、人間ってこんなに素晴らしいんだと信じたくなるような雰囲気が満ちていた。毎回なぜか涙が出たが、どこが冷徹な現実にあってこういうドラマをみたとき、すがすがしくなる、そんなところから感動が生まれたのかも知れない。チー坊なんて姐の子供をひきとるのはともかく、下宿先の見知らぬ他人が家族同然の面倒をみてくれてときに親以上に口酸っぱいことを言うなんて今では考えられないことだろう。昔より今が良い、というのその通りだと思うが、少なくともドラマについて言えば、この時代の暖かい連続ドラマのほうがわたしは好きだし、そういうものがない今はちょっと悲しい気がする。

石立さん、あの世でプロ級の将棋の腕前を大いにふるって遊んでください。ご冥福をお祈り致します。

| Comments (3) | TrackBack (0)

わたしたちの教科書

 久々に菅野ドラマについて書く。
 これまでの菅野作品とまったく異なる息苦しくなるような苦いテイストの社会派サスペンスだ。この手の後味の悪いドラマはわたしは大好きで、毎回見入っている。
 感想はすべて見終わってから書くつもり。言えることはメガネ菅野さんがとても美しくフェミニンであることと、最初は違和感があったスーツでクールな役も二話以降からしっくりきて良い感じであること。

 だが視聴率はイマイチふるわない。わたしは独断と偏見でひとつの答えを持っている。平日この時間帯の視聴者のメインであるF1,F2は、すべてこのような経験をしているから見られないのではないかと。加害者であり被害者でもある自分と重ね合わせれば、ただでさえ緊張感を強いられるこのドラマを直視できないであろう。一言で言えば、当事者には観られないドラマであり今の若い層のほとんどは当事者であろうということ。
 その点、猛烈な校内暴力が吹き荒れていても、透明人間のような陰湿で悪魔的な「いじめ」が存在しなかった(少なくともわたしの回りでは)「積木くずし」の世代からみれば、この手のドラマは平気なのである。

 それほど根が深いテーマだとわたしは思う。

| Comments (77) | TrackBack (5)

春ドラマ

春ドラマ、ようやく観るものを決めた。
「わたしたちの教科書」は菅野美穂ファンなので当然として
もうひとつは
深夜枠の「ライアーゲーム」。
今旬の10代女優のひとり戸田恵梨香の初主演ドラマである。
物語もトリッキーで面白そう。
このドラマが面白ければ、
10代~20代前半の新進若手女優の戦国時代において
沢尻、長澤他をしりぞけ
戸田恵梨香ファンになることにする(笑)。

| Comments (0) | TrackBack (6)

「ウチくる?」で号泣

 愛ちゃんとヒデちゃんにもらいなきして、号泣してしまった。。。リアルで絶対に泣かないがドラマや映画ではボロボロ泣くわたし。でもバラエティで泣くのは珍しいかも。。。
 
 それほど「ウチくる?」の愛ちゃん引退特番は良かった。何が良いって、愛ちゃんもだけれども、良き友人であり相談相手だったヒデちゃんの優しさに男ながらに惚れた。最後に巻物?を読むところでヒデちゃんがマジで胸がいっぱいになって泣いているのを観てわたしの涙腺も壊れてしまった。。。

 「ウチくる?」は好きな番組で、いつか菅野美穂さんも出て欲しいと思っていただけに残念。番組表をみると来週からMCはヒデちゃんひとり。なんかよけいに寂しくなった。

 サンジャポ、金スマなどなど、これだけ大勢に暖かく送ってもらって飯島愛は幸せ者だと思う。

| Comments (64) | TrackBack (2)

シムケン、かっこいいおじさん

 テレビを中心に長く活躍するお笑い界の巨匠というと、明石家さんま、タモリ、北野武、志村けんというところか。この4人は個人的に四天王と呼んでいる。
 お笑いにはツボがあって、ひとそれぞれ違うわけだが、わたしがこの4人でダントツに好きなのは志村けん、シムケンである。同じ関西人なのにさんまはあわない。うるさいだけで笑えない。たけしもどこが面白いのかさっぱりわからない。タモリはかなりついていけるがひねりが多すぎて鼻につくことがある。素直におもろいと笑えるのはシムケンだけだ。

 しかもシムケンはダンディーである。この4人はみんなもてるだろうが、シニアな渋さと格好良さとファッションセンスと優しさとジョークというもてる要素すべてを合わせもつのはシムケンだけだろう。「バカ殿」なんか観ているとその落差に驚くが、バラエティのシムケンや公式ブログのシムケンなどを観ていると、50代でモテモテなのは当然と納得できる。料理もうまいし、お金もあるし、これじゃ結婚できまい。独身のほうが楽しいに決まってる(笑)。芸風も広く、舞台での芝居なども多くこなし、MCが活動のほぼ100%を占める他の3人とは異なり、今も現役のお笑い芸人であるところに好感!。

 シムケンは変なおじさん、どころかカッコイイおじさんナンバー1だと思うのである。

| Comments (66) | TrackBack (1)

飯島愛の言葉に感動する

 サンデージャポンを観た。先週能登半島の自身で放映されなかった最後の生放送からの抜粋。録画ではその他のレギュラー番組でも今週特番があるからテレビで観るのは最後ではないが、今日のサンデーが実質初めての引退番組?ではないかと思う。
 
 ここで彼女は引退の理由についておおよそこういうことを語っている。
 
 自分には板の上で勝負できるものが何もない。芸能界は厳しいところなので何も芸のない自分が生きていけるところではない。入院中に自分の代わりなどいくらでもいると思った。

 「板の上」とは、舞台の上という意味から来ている。つまり、歌(歌手)や演技(役者)、お笑い(芸人)などを中心に、何かやれと言われたときに観衆の前でやれる芸があるかどうか、と言われれば、自分にはない、だから芸能界でこれ以上やっていく自信がないという意味である。
 何度か耳にしてはいたが、改めてこの言葉を聞いてわたしは感動した。涙が出そうになった。飯島愛はメディア向けのイメージとは異なり、小心者で神経質でどちらかといてば弱い普通の女性だと思っていたが、持っている感覚というか常識もごく普通、当たり前であることを再認識したからだ。逆にいえば、こういう普通の認識に欠けている芸能人が多すぎるということと、そんな中でわたしからみれば飯島愛は板の上の芸は持っていなくても十分な存在感があるんだから…と言う気持ちになった。

 くどいようだが、バラエティ全盛の今のテレビには芸のないタレントがあふれかえっている。本来、芸能人というものは、飯島愛がいうようにグラビアアイドルでも歌手でもなんでもいいから一芸に秀でたものをさすわけでそういう者しかテレビに出して欲しくないのに、素人同然の連中がぞろぞろ出てくる。そういう連中は、飯島愛のこの発言をどういう思いできくのだろうか。絶妙のトークの巧さと切れと聞き上手だけで十分に芸があるとわたしは思うのだが、そういう彼女ですら自分に芸がないと落ち込んでいたわけで、リアクションすらまともにできない名ばかりのタレントたちはそういう自覚すらないのだろうか。

 やっぱり飯島愛は真面目、でも真面目すぎるひとは今の芸能界では損をする、そんなふうに思ったサンデージャポンだった。

| Comments (76) | TrackBack (5)

若手女優戦国時代

 ここ数年、10代の演技力、ルックスはもちろん才能あふれる若手女優がぞくぞくと登場しており、まさに戦国時代状態となっている。10年ほど前と比べると質量ともに大幅にアップしていることは間違いないだろう。これはグラビアアイドルにもいえて、もの凄い数のアイドルが存在する。前に書いたようにお笑いバブルで芸人もかつてなく増殖。タレントと名のつく存在が膨れあがっている「タレントバブル」の時代なのだろう。
 
 しかし少なくとも若手女優に関しては実力が伴っているからバブルではない。スポーツ選手等、ジャンルを問わず才能ある存在はなぜか一時期に集中して出てくる傾向にあるがこれもそういうことだろう。

 最初は上戸彩や石原さとみあたりから始まったと思われるが、以降当時の彼女らとは比較にならないほどのレベルを最初から身につけてデビューし活躍している若手女優がぞくぞくと出てきた。沢尻エリカ、長澤まさみ、成海璃子、蒼井優。このあたりはルクス、演技ともにトップクラス。私見で次点とさせてもらったが、他にも綾瀬はるか、上野樹里、 戸田恵梨香、新垣結衣、個人的には村川絵梨が次点ではイチオシなのだが、世間的評価は高くないようだ。
 前述したようにもともと上戸彩(わたしは演技は余り評価していない)とか石原さとみ(めきめきと演技力を増した)などのアイドル女優がいるなかに、こういう強烈な新人が参入してきて猛烈な争いを繰り広げている。といってもテレビドラマの枠は限られているし、邦画制作が活気づいているといってもやはり数は限られているわけで、いわゆる席取りゲーム状態だ。これは10代の若手女優だけの話ではない。20代の女優もそこそこの人気と実力でははじき出されてしまうということだ。実際、デビュー時は華々しかったのに全然出番が回ってこない女優がたくさんいる。ものすごい競争倍率なんである。個人的に気に入っていると言った村川絵梨にしても「風のハルカ」で成功して、ルクスも演技も十分だと思うのだが、なかなか出番が回ってこない。まあ、日本のテレビドラマ、映画界の底上げにつながるから歓迎すべきことだが、10年前なら主演クラスで話を一杯もらえたたであろう女優が今はかなり難しいというのは、ツキも大事だなと思う。

 最後に個人的な趣味で、最近の若手女優で好きなのは蒼井優かな。といってもまだ1作しか観てないが。現状人気抜群と思われる沢尻エリカは好きではない。ルックスと演技は申し分ないと思うのだが、言動や派手な露出からどうも謙虚さに欠けている気がしてあわない。ペプシのCMを観てびっくりしたが、ミニスカ、ムチムチ生足に厚化粧、あれじゃまるでAV女優かと(失礼)。。。かつての桃井かおりみたいな路線なのかなあ。ちょっと本人や事務所の狙いがわからない…。

 あくまで謙虚な某女優のファンだけにそういうところが気になってしまうのである。

| Comments (64) | TrackBack (12)

より以前の記事一覧