« September 2008 | Main | January 2009 »

見逃してはいけないこの事実[元厚生労働省事務次官刺殺事件]

年金担当だった元厚生労働省幹部をねらったテロ?と大騒ぎの連続事件。
最初に言っておくが、年金問題その他の問題にかこつけた事件であってもなくても、被害者と加害者に何らかの個人的な事情がない限り100%犯人を擁護する気もなければ、同情する気もない。

ただここでみのがして欲しくないのは、殺された元事務次官が渡り鳥と呼ばれる天下りをやはりやっているじゃないかという事実だ。退官後、独立行政法人の理事長へ、さらに現在の日本生活協同組合連合会:理事長へ。2回あまくだってる。理事長といっても、「妻とのんびりくらしたい」と放していたように、ずっと家にいて仕事などしていない。だがちゃんと給料はもらってる。

納得できますか?

前述したように犯人はただの殺人者であり一切同情するつもりはない。だが、被害者に対しても同情するきになれない。大阪でひき逃げされて死んだ新聞配達の少年、本屋でアルバイトしていたらいきなり指された女子大生。かれらに対しておぼえる気持、犯人に対するすさまじい怒り。今回はそれがまったくないのはわたしだけだろうか?

| Comments (268) | TrackBack (0)

純情きらり(再放送視聴中)

最近、カタイ政治ネタばかりなので、久しぶりにドラマネタ。

実は、遅ればせながら

拙者は『純情きらり』にはまっている( ´∀`)つ

今、NHKBs hiで再放送中ですね~。
わしは、朝ドラを必ず見る人間ではないし、ドラマもキャスティングだけで見るほうなので、宮崎あおいのこのドラマは、ほとんどまともに見てませんでした。で『篤姫』絡みで再放送を偶然見始めたら素晴らしいのでずっとみておるわけです。朝ドラ的には、ちゅらさん以来、本気で見たのは『ちりとてちん』だけで、瞳などは論外、現在放映中のでんでんももう離脱してしまい、さびしいなあと思ってた矢先にきらりの再放送に出会ったわけです。

いやー、すばらしいですねー。宮崎あおいの演技的実力は『篤姫』見ていれば当然なんですが、脇役が素晴らしい。相手役に福士はいいとして、戸田恵子に寺島しのぶに西島秀俊に室井滋に・・・と凄い顔ぶれ。。しかも西島さんの一見自堕落で自由だけどどこか悲壮感がある役どころは太宰治がモデルなんですね・・・

最近、『篤姫』しかみてませんでしたが、まいにち『キラリ』が見られて助かりました^^

朝ドラだってやろうと思ったらできるはずなのにね。。

| Comments (221) | TrackBack (0)

まともな人間が辞めてふざけた人間が上にいる日本社会に喝!

言うまでもなく、辞任した田母神前空幕長だ。
国会答弁をみたが、実に堂々たる言い回しと振る舞いで、適当に仕事をしていない、彼に意見に賛否両論あるにせよ、今の政治家や公務員に最も欠如している鉄の信念と原理原則がみてとれる。久しぶりに見た感じだ。ニュースに映る日本のトップに立つ面々は、保身だけみてとれて、己の信念というものがかいまも見えぬことが多かった。つくづく、田母神前空幕長のような人間が、去らねばならない日本の馬鹿げた政治システムに愛想が尽きる。

繰り返すが、田母神前空幕長が論文に書いた意見の是非については賛否両論あるだろう。もちろんわたしは全面的に彼を支持するが、そうでないひともいるのが民主国家であり、それは構わない。しかし、彼は言い逃れなど一切せずに、国家を守るべき立場にある人間としてきちんと勉強し、中曽根や河野や村山のようなイデオロギーもない、ただ思いこみだけの人間の発言と異なる歴史観をのべ、単なる自己満足に終わることなく、自衛官の士気高揚のために行動した。そのことをはっきりと答弁で述べている。曖昧にして保身に走る政治家どもとは、肝の据わり方が違う。そして彼は言う。自分の意見と村山談話のどこがどう違うのか指摘せよと。まったく、本当に久しぶりに漢をみた。なぜなら、自民党も民主党も(その他はどうでもいい)、ロジックにはいっさい踏み込まず(勉強していないから踏み込めない)、単に政府見解と異なること、立場からして問題であること、だけを指摘しているからだ。要するに、大東亜戦争に関する見解、東京裁判に対する見解は、学者なら言えることでも、政治家はリスクがありすぎて踏み込みたくない、だから一切ふれないわけで、そういう卑怯者と田母神前空幕長のような真っ向勝負の人間との差が、TVを見ているだけでもブラウン管から猛烈に出ているのである。

しかし戦後70年ちかく経って、経済大国となっても政治的にはまったく成長していない日本では、出る杭はうたれる、ただそれだけ論理がまかりとおっている。そしてきちんと勉強して物言う人間は辺境jに追いやられ、金とバックグラウンドだけあって、ビジョンも信念もかけらもないような人間が延々とトップにいすわる、このシステムはまったくかわっていない。

小沢にいっておこう。自民党がだめであることは百も承知。だが民主党はそれ以上に駄目だろう?国民にしてみれば、どぶ川さらってどっちがでてきてもおなじだから、って感覚かな?旧社会党と日教組を抱える民主党には無理なのはわかってるが、もし田母神前空幕長にきちんとロジックで質問するなら、あるいは金融危機でどこかにとんでしまった(というか自国民よりも中国を気遣う日本がとばせてしまった)毒入りギョーザとかメラニン混入とか、自公連立が手を出しにくい部分に正論で斬り込めば、あっというまに民主党の支持率はあがると思うんだがね。。

まあここは田母神前空幕長の話。とにかく久しぶりに漢をみた。それを言いたくてね。

| Comments (272) | TrackBack (0)

« September 2008 | Main | January 2009 »