« May 2008 | Main | July 2008 »

歴史に残る愚将~福田

洞爺湖サミットで北方領土の件はとりあげないことが福田によって決まったそうだ。ロシアと二国間の問題で他国の強力をあおぐような問題ではない、というのがこの男の理屈である。

おおお、まさに正論じゃないか。じゃあ、ロシアに強硬に言いこむんだな?
そんなこと100%ありません・・。
北方領土海域で死者1名を出して拿捕された船すらロシアから回収できないのですぞ?ロシアは威嚇射撃が当たったとしてますが、信憑性に乏しく、真相の解明には飛行機のブラックボックスに相当する記録装置の回収が不可欠なのにまったくロシアに要求しておりません。福田にとっては死んだ船員の命などどうでもよいのでしょう。拉致被害者と同じで国民の命など屁とも思っておりません。そんな福田が、北方領土問題を二国間で踏み込めるわけないですね。

本件にしても拉致犯罪にしても、世界世論は基本的に日本の味方なのです。二国間で・・というのは、ロシアや北挑戦が言うことであって、日本から言う話ではありません。世界世論をどんどん味方に付けてロシアや北を追い込む、軍事力の行使を封じられている日本ではこれしか手がないのです。しかし、福田はまったく逆のことをしています。世界から見たとき、日本は北方領土はもういいんだな、と思われることでしょう。今後返還される可能性は限りなくゼロになりました。北方領土だけではありません。領土問題に「寛容」な福田の姿勢は、尖閣諸島や竹島など、そもそも日本の領土であり「問題」にさえならないはずの領土もますます危うくします。おそらく、この2つも韓国と中国にとられることでしょう。恐ろしい話ですが、そう遠くない将来には沖縄も中国にとられるとわしは考えています。領土問題に譲歩は禁物なのです。軍艦を出すとまで相手国は言ってますが、それが本来の形。そう言われれば、こちらも軍艦を出すと言い返さない限り、とられてしまうのです。

・拉致犯罪における北朝鮮対話路線への転換と制裁一部解除
・拉致犯罪関連でアメリカの北への対話路線転換の放置
・東シナ海油田開発における一方的に中国側有利な合意
・CO2削減において功名だけのためにこれまた一方的に先進国の中で日本だけが損をする内容で合意予定
・北方領土問題におけるロシアへの譲歩

あげるときりがないくらい、今後の日本に禍根を残す失政ばかり。しかも本人はいずれも成果だと思っているから始末におえません。

福田は「一国は一人を以って興り、一人を以って亡ぶ」という本を出していますが(未読)、見事に言い当ててますね。まさに後者が福田です。

福田は歴史に名を残したいと考えて色々やっているのでしょうが、間違いなく歴史に名は残るでしょう。

「日本を滅ぼした戦後最悪最低の首相」として。

| Comments (0) | TrackBack (0)

米中依存症

日本の政府筋はまるで世界にアメリカと中国しかないかのような外交をしていますね。
かつて冷戦のおりに世界にはロシアとアメリカしかないかのように錯覚していたのと同じ状況です。
だから、アメリカと中国にこびへつらう外交しかできないのです。

拉致問題にしてもテロ指定解除で米国に裏切られたと感じている人が多いようですが、それは大きな誤りです。アメリカは世界の警察ではありません(自分ではそう言ってますがw)。他国の被害者を救う義務なんてありません。ましてや「日米同盟」などといっても、有事の際、日本は米軍のために自分の命を危険にさらすことはできないが、日本のためには命をはって戦って下さいなどというまったく身勝手な条約(同盟とよぶのはおかしい)なのですから、アメリカが自分の都合で北と交渉を進めるのは当たり前ですね。他力本願にもほどがあります。ひとことでいえば、自分の国の国民が拉致されたわけだから、手段を問わず自分で奪回するのが国というものであり、それができない無能さを棚に上げて、他国を責めるのは筋違いというものでしょう。拉致被害者の会のひとたちが、なぜ自国ではなくアメリカまでいって交渉しなければならないのか、あれを見ればいかに日本が情けない国であるかわかるというもので、彼らも政府をもっと辛辣に非難してやればいいのです。わたしなら首相や政府、外務省をこきおろしますね。それが世論をつくり、無能な政府や官僚を追い込んでいくことになるわけですから、無意味なことではありません。

さて、そうはいっても現実的に日本はどうすればいいのか。拉致に限らず、あらゆる面でアメリカや中国、ロシアに足下を見られている日本はどういう外交をすればいいのか。それはこれらの国の対抗軸となる国との親密度を高め、米中依存症から脱却することです。

例えば中国への対抗軸としてインド、アメリカの対抗軸として中近東や欧州。アメリカや中国に割いている体力の半分異常をこれらの国々との外交に傾け、味方につけることです。簡単に言えば、いつアメリカが日米同盟を廃棄して米中同盟を組んでも、つぶれないような別の対抗軸を構築しておくことです。もちろん日本自身が自国は自国で守るという基本的な力を持つべきであるのはいうまでもありません。
同時に現時点日本の唯一の武器である「お金」を狡猾に活用した外交をすることです。日本が保有している米国債(30兆円ともいわれている)を売るぞと脅しをかければいいじゃないですか。もちろん日米関係は悪化し、冷戦状態になる可能性もありますが、そういう強硬姿勢もあることを日本が見せるだけでも効果的です。米国はとんでもない借金大国ですから、日本のひとひねりで経済的に破綻させることができるのです。もちろん、本当にやっちゃいけませんよ^^ アメリカ経済の破綻=世界大恐慌ですからw でもそういうカードはいくらでもあるということです。

まあ、とにかく米中依存症から一刻も早く脱却してもらいたいものです。

| Comments (65) | TrackBack (0)

無題

目の前だけのスキャンダルで安部をこきおろし、ビジョンのない福田をかついだ愚かな平和ボケの国民たち。
そのツケは自分達に必ずはねかえってきます。
自国の国民が誘拐されてるのに、へつらって食糧支援再開?
被害者のことなど何も考えておりません。
福田、その他加藤、山崎、二階、その他大勢、民主党も大勢、外務省のあほどもw
おめえらが北朝鮮に拉致されんかいw

わしはそう長くないが、今の若い世代は気の毒です。
おそらく20年後には「日本」はありませんな。
それを選択したのは今のあほな国民どもですなw

| Comments (13) | TrackBack (0)

« May 2008 | Main | July 2008 »