決定的に欠けているもの-PDCAサイクル

それなりに企業に勤めた経験の持ち主ならPDCAを知らぬ者はいないはずだ。
計画->実行->結果の評価->評価を踏まえた改善->改善を組み込んだ計画->実行・・・というサイクルを延々と回していくもので、企業経営の基本。ただ、基本であることはわかっていても、えてしてPDは行われてもCAが軽視されがちであることも確か。たとえば、このシステムの開発に要するコストは1億円だが、収益向上に年間2千万寄与するので、5年で黒字転換する、とかいって計画と実行はするものの、本当に5年でコストを回収できたのか、という評価がなされず、つくりっぱなしということが結構ある。こういう怠慢は企業の業績悪化にもろに反映するので、わたしがいた会社も次第にCAを固めていった経緯がある。

このPDCAにおけるCAの欠落がもっとも酷いのが政治だ。国会ではさまざまな法案が成立する。今季おさわがせの給付金に限らない。予算が成立すればPLAN(計画)は完了であとは実行するのみだ。給付金についていえば、○○円の経済効果があるという理由で施行することになるわけだが、さて実行した後が問題なのだ。本当にそれだけの経済効果があったのかどうかCheck(評価)されるかというと100%されない。評価しないから、Action(対策、改善)もされない。要するにやりっぱなし。このようなことが普通にまかりとおるのが日本の政治である。神様じゃないのだから、効果がある施策もない施策もあって当然で、成功も失敗もあるはず。一番始末におえないのは、評価をしないから、成功したのか失敗したのかまったくわからない状態だ。「ゆとり教育」だって、あきらかに学力の低下につながっているのに(もちろん悪いことばかりかどうかはわからない)、文科省は失敗だとは認めていない。あれはあれで正しいとくる。では授業時間や内容の見直しはいったいなんなの?ということになる。
公共事業もそうだ。橋をつくってらつくりっぱなし。計画時はこれだけの採算効果があるといっていても、作ったあとほんとうにあったのか誰も検証しない。だから同じ無駄が延々と続くことになる。もちろん、公共事業がすべてコストと採算で割り切れるとは思っていない。雇用効果もあるだろうし、単純じゃないことはわかる。だからこそ、すべての要素を組み入れた評価と検証がなされるべきじゃないのか?

司法などはCAの欠落の典型だ。日本では判例から2人以上殺さないと死刑にならないというふざけた状況にあり、たとえば先般の江東区におけるOL殺害。遺体をバラバラにしてトイレから流した、というこの事実だけで極刑に値するというのが常識だと思うのだが、計画性がないとか、レイプは未遂だとか、殺人にいたるところばかりとりあげて、死者の尊厳、遺族への精神的被害は一切考慮されなかった。まあそれはさておいて、「被告は厚生の余地がある」と決まり文句が出ているわけだが、さて刑期を終えて出てきた人間が更正したかどうか、評価がされているかというとまったくされていない。これもやりっぱなしだ。更正できると判断したのだから、結果を検証するのは当然だろう。もしできなかった場合、二次被害者が出るのに。更正できたひともいるはずだから、両者の違いをきちんと検証して、裁判の判断に盛り込んでいく、つまりPDCAサイクルをまわすべきだと思うのはわたしだけじゃないはず。

まあ、とにかく行政と司法がPDだけでCAをまったく欠いている限り、政権がどうなろうが、永遠に何も変わらないと断言しておこう。

| Comments (374) | TrackBack (1)

議員定数削減、年金一元化、毒ギョーザ、そのた大勢どこいった?

日本人の最も悪いところ=忘れっぽいこと。
自分に無関係なことならいざしらず、自分に危害がおよぶかもしれないことでも、簡単に忘れてしまう。
本来、マスメディアは国民が大事なことを忘れそうになったら注意喚起する役割を果たすのだが、日本の場合、マスメディアも目の前のことばかりとりあげて機能しない。

忘れていることは山のようにある。

・議員定数削減の話はどうなった?議員年金(年金一元化)の話は?選挙制見直しの話は?
・中国製毒ギョーザの話はどこいった?農薬入りインゲンその他食の危機の話、中国国内の粉ミルク事件は?
あげるときりがない。拉致被害者の話も忘れ去られつつある。

要するに目の前にある金融危機と不景気、失業対策のことだけが画面や紙面を占めてしまっている。国会議員は高笑い、中国政府も高笑いだろう。

そのくせ消費税率引き上げのはなしだけはしっかり出てきて、「しかたないね」なんていう国民や評論家までいる始末だ。うちの地元大阪の橋本知事は欠点もあるが、少なくとも自分や公務員の収入をずばっとカットした上で、府民に財政赤字対策への協力をよびかけている。国だって同じはずだ。国会議員を減らし、収入をカットし、国家公務員の賞与その他も大幅にカットした上で、増税の話をすべきじゃないのか?

とにかく日本人は「お上」体質がぬけなさすぎる。公務員はわれわれが働いた税金で食わせてやってるんだよ?
考えてみればわかる。えらそうにしていても、民間人がゼロになって公務員だけになったら彼らは何の役にも立たないし失業するんだよ?
メディアもだらしないが、もう少し国民も声をあげようってば!

| Comments (107) | TrackBack (0)

見逃してはいけないこの事実[元厚生労働省事務次官刺殺事件]

年金担当だった元厚生労働省幹部をねらったテロ?と大騒ぎの連続事件。
最初に言っておくが、年金問題その他の問題にかこつけた事件であってもなくても、被害者と加害者に何らかの個人的な事情がない限り100%犯人を擁護する気もなければ、同情する気もない。

ただここでみのがして欲しくないのは、殺された元事務次官が渡り鳥と呼ばれる天下りをやはりやっているじゃないかという事実だ。退官後、独立行政法人の理事長へ、さらに現在の日本生活協同組合連合会:理事長へ。2回あまくだってる。理事長といっても、「妻とのんびりくらしたい」と放していたように、ずっと家にいて仕事などしていない。だがちゃんと給料はもらってる。

納得できますか?

前述したように犯人はただの殺人者であり一切同情するつもりはない。だが、被害者に対しても同情するきになれない。大阪でひき逃げされて死んだ新聞配達の少年、本屋でアルバイトしていたらいきなり指された女子大生。かれらに対しておぼえる気持、犯人に対するすさまじい怒り。今回はそれがまったくないのはわたしだけだろうか?

| Comments (268) | TrackBack (0)

純情きらり(再放送視聴中)

最近、カタイ政治ネタばかりなので、久しぶりにドラマネタ。

実は、遅ればせながら

拙者は『純情きらり』にはまっている( ´∀`)つ

今、NHKBs hiで再放送中ですね~。
わしは、朝ドラを必ず見る人間ではないし、ドラマもキャスティングだけで見るほうなので、宮崎あおいのこのドラマは、ほとんどまともに見てませんでした。で『篤姫』絡みで再放送を偶然見始めたら素晴らしいのでずっとみておるわけです。朝ドラ的には、ちゅらさん以来、本気で見たのは『ちりとてちん』だけで、瞳などは論外、現在放映中のでんでんももう離脱してしまい、さびしいなあと思ってた矢先にきらりの再放送に出会ったわけです。

いやー、すばらしいですねー。宮崎あおいの演技的実力は『篤姫』見ていれば当然なんですが、脇役が素晴らしい。相手役に福士はいいとして、戸田恵子に寺島しのぶに西島秀俊に室井滋に・・・と凄い顔ぶれ。。しかも西島さんの一見自堕落で自由だけどどこか悲壮感がある役どころは太宰治がモデルなんですね・・・

最近、『篤姫』しかみてませんでしたが、まいにち『キラリ』が見られて助かりました^^

朝ドラだってやろうと思ったらできるはずなのにね。。

| Comments (221) | TrackBack (0)

まともな人間が辞めてふざけた人間が上にいる日本社会に喝!

言うまでもなく、辞任した田母神前空幕長だ。
国会答弁をみたが、実に堂々たる言い回しと振る舞いで、適当に仕事をしていない、彼に意見に賛否両論あるにせよ、今の政治家や公務員に最も欠如している鉄の信念と原理原則がみてとれる。久しぶりに見た感じだ。ニュースに映る日本のトップに立つ面々は、保身だけみてとれて、己の信念というものがかいまも見えぬことが多かった。つくづく、田母神前空幕長のような人間が、去らねばならない日本の馬鹿げた政治システムに愛想が尽きる。

繰り返すが、田母神前空幕長が論文に書いた意見の是非については賛否両論あるだろう。もちろんわたしは全面的に彼を支持するが、そうでないひともいるのが民主国家であり、それは構わない。しかし、彼は言い逃れなど一切せずに、国家を守るべき立場にある人間としてきちんと勉強し、中曽根や河野や村山のようなイデオロギーもない、ただ思いこみだけの人間の発言と異なる歴史観をのべ、単なる自己満足に終わることなく、自衛官の士気高揚のために行動した。そのことをはっきりと答弁で述べている。曖昧にして保身に走る政治家どもとは、肝の据わり方が違う。そして彼は言う。自分の意見と村山談話のどこがどう違うのか指摘せよと。まったく、本当に久しぶりに漢をみた。なぜなら、自民党も民主党も(その他はどうでもいい)、ロジックにはいっさい踏み込まず(勉強していないから踏み込めない)、単に政府見解と異なること、立場からして問題であること、だけを指摘しているからだ。要するに、大東亜戦争に関する見解、東京裁判に対する見解は、学者なら言えることでも、政治家はリスクがありすぎて踏み込みたくない、だから一切ふれないわけで、そういう卑怯者と田母神前空幕長のような真っ向勝負の人間との差が、TVを見ているだけでもブラウン管から猛烈に出ているのである。

しかし戦後70年ちかく経って、経済大国となっても政治的にはまったく成長していない日本では、出る杭はうたれる、ただそれだけ論理がまかりとおっている。そしてきちんと勉強して物言う人間は辺境jに追いやられ、金とバックグラウンドだけあって、ビジョンも信念もかけらもないような人間が延々とトップにいすわる、このシステムはまったくかわっていない。

小沢にいっておこう。自民党がだめであることは百も承知。だが民主党はそれ以上に駄目だろう?国民にしてみれば、どぶ川さらってどっちがでてきてもおなじだから、って感覚かな?旧社会党と日教組を抱える民主党には無理なのはわかってるが、もし田母神前空幕長にきちんとロジックで質問するなら、あるいは金融危機でどこかにとんでしまった(というか自国民よりも中国を気遣う日本がとばせてしまった)毒入りギョーザとかメラニン混入とか、自公連立が手を出しにくい部分に正論で斬り込めば、あっというまに民主党の支持率はあがると思うんだがね。。

まあここは田母神前空幕長の話。とにかく久しぶりに漢をみた。それを言いたくてね。

| Comments (272) | TrackBack (0)

政治小国 日本の今後はいかに?

日本が先進国でまれにみる政治小国であることに異を唱えるひとはいないでしょう。
ころころと首相が代わるし、日本をどうするというビジョンを示す総理も滅多にいないし、国会議員の数は人口比多すぎるし、衆議院と参議院が存在する意味がどこにあるのかさっぱりわからないし、地方分権がまったくできてないから、相変わらず地方は中央に陳情、そのために利益誘導の政治家ばかりあふれかえるという、とにかくあげればきりがないほどひどい有様。同じ敗戦国であり東西統合という高いハードルを乗り越えたドイツと比べると恥ずかしくなります。

さて、わたしの今後の展望、いや希望について少し述べておきます。

まずわたしは米国その他の先進国のように二大政党の競い合いによる政治を強く望むものです。
しかし、その競争とは、政策による競争であり、今のような政局オンリーの競争ではありません。
そのためには、政策、特に外交と国防についてはほぼ同じくする者たちでひとつの政党を構成することが大前提です。日本の場合、この原則がぼろぼろです。対北政策ひとつとっても、自民党内でも民主党内でも、真逆のひとたちが同じ党に存在します。安保に関しても同様です。これでは、国民はどちらにいれていいか、政策で判断できません。
たとえば、米国であれば、対イラク政策が共和党と民主党ではまったく逆です。また小さな政府と大きな政府でもまったく違う。経済政策も違います。ひとことでいえば共和党がコンサバ、民主党がリベラルなんですが、そういうレッテルはともかく、政策がこうして明確に違っていると、国民は投票しやすくなります。

ひるがえって日本の場合は、自民党も民主党もそもそも党内の意見が統一されていないので、何をどうするのかさっぱりわかりません。見えるのは麻生VS小沢という「顔」だけ。いわば人気投票みたいなレベルの選挙戦になってしまいます。まずこのごったに状態を修正しなければならない、つまりそれは政界再編です(なんども言われてるけど実質起きたことはありません)。

たとえば、自民党の山崎やら加藤のようなまるで旧社会党みたいな考え方をするものは、自民党から出て行くべきです。民主党には社会党の残党が大勢居ますから、民主党にいけばいいのです。逆に民主党は前原などは阿部などのコンサバとほとんど変わらない外交・安保政策を持つわけですから自民党にいけばよい。そうやって、自民党コンサバ、民主党リベラル(これはあくまでレッテルであって、要するに政策が対極にある政党という意味です)というように明確にすればいい。もちろん、外交安保には色々な考え方の人がいて当然ですから、これだけでも投票しやすくなります。

では加藤や山崎は自民党主流派と全然意見が異なるのに、なぜ出て行かないのか?
それは自民党が与党であり続けるからです。万年野党になどいきたくないからですね。
公明党も同じです。政策が全く異なる自民党と組んでいるのは、与党というおいしい立場があるからです。
それならば、自民党が野に落ちればいい。そうすれば、与党にいたい人間が民主党に流れていくはずだからです。これがよくいわれる政界再編のための政権交代の必要性ですね。わたしは小沢も日教組も大嫌いですが、民主党に投票します。自民党を野に落としたいからです。

ただ、野に下ってもかつての細川政権と同じく、短命で終わってしまったら意味ないですね。あのとき社会党が崩壊したように、民主党が崩壊し、また自民党独裁時代が続いてしまうだけです。だから嫌いだけれども、民主党が政権を取ったら、少なくとも数年はきちんとやれる、つまり政権担当能力があることを示して頂きたい。

・・・・期待薄ですが。。。(小沢、えらそうに言ってるけど、辞任騒動のときは民主党に政権担当能力がない、って言ってましたよね・・・orz)

| Comments (169) | TrackBack (0)

あっぱれ、中山元国道交通省大臣!

中山国土交通省大臣辞任。
最初にいっておきますが、大臣としての責務をまったく果たさなかった件について中山氏は非難を浴びて当然だと思います。この件に関しては拉致問題担当であった中山恭子さんの夫であることから裏があるとも考えますが、後日判明するでしょう。

ただ中山氏が言ったことは真実です。
「日教組はガン細胞」だからです。
おそらくわたしと同じくコンサバ思想の人間の多くはこの点に関しては同意するはずです。
教職員としての本職を果たさず、平和団体的な活動にひたすら精を出し、教壇に立てば立ったで国家も日の丸も否定することを生徒に教える彼らこそ、阿部のいった戦後レジームから脱しきれず、いまだに自分の足で歩けない現代日本をつくりあげた根本原因のひとつだからです。まさにガン細胞。もっとも、最近ではその勢いも衰えておりますが。思ってはいてもなかなか言えない台詞を目立つ大臣という立場で言ったことについて、「あっぱれ」と申し上げたい。

さて、もうひとつのガン細胞はいうわずもがな創価学会です。支持母体とする公明党が中山氏を猛烈に批判したのは当然ですね。いわば同胞をけなされたわけですから。日教組を支持母体とする民主党が非難するのは当然ですが。

さて、これで最悪の世襲内閣麻生丸はまた一歩沈没に向かいました。わたしは小沢民主党は好きではありません。しかし、自民党の醜態と腐敗、政策がまったく異なるはずの公明党と数の論理で手を組む現与党はもっと嫌いなので、総選挙は民主党にいれます。自民、公明や野に下ります。そこからわたしが描く図面は・・・

長くなるのでまた今度。

| Comments (244) | TrackBack (0)

相撲界を駄目にした北の湖は即刻角界を去れ!

北の湖が理事長にいる限り、相撲界の再生はない。
相撲界のガン細胞である。

相撲界に相次ぐ、信じられない不祥事の数々。集団リンチやら朝青龍の仮病やらだめ押しで喧嘩寸前とか、さらには麻薬。。。その都度、規律を徹底するとか言いながらこの有様。そもそもこの暴力団組長みたいな男は、謝罪の記者会見でもお愛想程度にしか頭を下げない。外国人力士がどうの以前に、北の湖そのもののマナーが最悪なのだ。これは力士のときから変わってない。こんなのがてっぺんにいるかあら、規律が保てないのだ。

今回のロシア人関取二人の大麻疑惑に関しては、ちょっと普通では考えられない対応だ。国際的に使用されているドーピング機関による精密検査で陽性になっても「検査は100%じゃない。本人がやっていないと言っているから信用する。他の機関での検査を考える」って。。。。。シロの結果が出るまで検査やるってことか?相撲以外のスポーツ界では考えられない対応にアスリート関係者は驚いているらしい。もちろん大麻を吸ってたからといって犯罪にはならない。しかしそういう問題じゃないはず。モラルや規律の問題のはずだ。もしそうなら何のための抜き打ち検査なのか、意味不明。

ロシア人関取2人についてはこの際どうでもいい。何が起きても理事長の座に居座り続ける北の湖をひきずりおろすこと、これ以外に相撲界の再生はありえない。

| Comments (164) | TrackBack (0)

犯罪者にことごとく先手をとられる日本っていったい?

日本国家はもはや滅ぶべし、とさえ思える昨今。
福田の辞任はむしろ歓迎だが、何度かここにも書いたとおり、きゃつは日本を滅ぼしかねない多くの外交面での負債をつくってしまったため、今後誰が首相になろうと、その代償は高くつく。いや、もはや回復不能とさえ思える。

ここでは拉致犯罪について述べてみる。
予想通り、犯罪国家北朝鮮は次期首相の対北政策がはっきりするまで、拉致の調査をしないと言ってきた。言い換えると、阿部以前のような強硬姿勢なら調査はしません、ということ。これはまさに恐喝である。しかし、北がそう言うのはわかりきっていた。福田と高村が当てにならない調査と引き替えに制裁一部解除などという緩和政策に舵をきってしまったがため、北に先手をとられてしまったのだ。もし次期首相が強硬路線に戻した場合、北は日本が約束を守らなかったため、こちらも約束を守らないと言えるわけで、そうなると拉致の問題は小泉時代のふりだしに戻ってしまう。だから次期首相は融和政策をとり続けねばならない、という最悪のスパイラルに陥ってしまった。犯罪者は北朝鮮である。犯罪者に主導権を握られてしまったのである。制裁と圧力路線を続けて、国際世論に呼びかけ続けていれば、たとえ膠着状態だったとしても先手をとられることはなかったが、こうなるともはやその状態には戻せない。福田政権はよど号犯人を逃がして世界から非難を浴びたオヤジ以上に多大な過失を犯したのである。

気の毒なのは拉致被害者と被害者の会だ。愚かな外交のおかげで、また拉致犯罪の解決は不可能に近くなった。後は、金正日死亡、軍部の暴走など、北の自然崩壊しか望みがない。

拉致被害者はこんな国に生まれたことを心から後悔するであろう。

| Comments (281) | TrackBack (0)

金メダルをなめすぎた日本プロ野球界

星野ジャパン惨敗で、メディアやネットなどでは、星野采配を中心に、首脳陣や選手へのバッシングが凄い。なかには生きて日本へ帰ってくるな、などという書き込みも見られて、日本の民度も中国と変わらないレベルに落ちてきたと感じる次第。アキバの事件が起きるのも納得。選手団は成田に降り立つのも怖いだろう。

それはそうと、わしは星野ジャパンをバッシングする気にはなれない。もちろん余りにだらしない試合に怒り心頭に達している。だけどそれでも彼らだけを責める気にはなれない。なぜなら、片手間の準備で金メダルがとれると考えている日本野球界やメディア、野球ファンたちがどうかしてる、と思うからだ。プロ参入後金メダルとって当たり前という風潮があるが、金メダルはそんなにたやすいものではない。

優勝した韓国はペナントを中断し、長い合宿を張った。それどころか、今シーズンは国際試合の球に変え、ストラークゾーンも国際試合にあわせて選手に慣れさせた。リーグ全体のレベルは日本が上でも、オール韓国とオールジャパンなら実力的に拮抗している。そんな韓国がそこまで徹底してメダルを獲りに行っているのに、日本は10日程度の合宿。ペナントはもちろん継続で、国際試合に慣れさせるという工夫もない。そんな片手間の準備で金をとれるほど日本野球の力は突出しているか?そう思っている野球界(ファンも含めて)が傲慢なだけである。

もちろん戦術レベルで星野采配にミスが多かったのは事実だ。選手の凡ヘッドも多く、ふがいないの一言。しかし、そもそも五輪に対する準備の時点で日本に勝ち目はなかったとわたしは思うから、彼らだけを責める気にはなれない。

体制の問題はプロが参入し結果を出せなかった初回大会からずっと言われてきたことだ。それなのにせいぜい選手枠2名をはずすくらいで、何ら対策を講じてこなかった。しかも今回はWBCの教訓もあったのにまったく変わらなかった。思い出してほしい。WBCは開幕前だったから五輪より長く樹日期間がとれた。イチローのようなメジャーリーガーも参加した。その状態で、韓国に1勝2敗。運が味方してやっと優勝できたのである。それなのに、片手間の準備で五輪のメダルがとれると考えるのは、どう考えても不思議だ。これは驕りとしかいいようがない。

もちろんペナントを中断したら興行収入が減る。それはわかる。だがそうであるならば、プロは参入せずアマだけでやるか、アメリカのようにマイナー以下というように徹底するべきだろう。ペナントも追い、メダルも獲るなんて半端なことやっているから、駄目なのである。

言ってみれば、星野ジャパンは日本プロ野球界(ファンも含めて)のスケープゴート。無理とわかっていながら、金獲って当たり前とおだてられて送り出される。そして惨敗したら罵られる。星野は選手が可哀想と言ったそうで、それは別の意味だろうが、前述の意味でわたしもそう思う。

だから選手団を責める気にはなれない。おつかれさまといってやりたい。
もっとも、しばらくの間彼らは猛烈なバッシングにさらされるだろうが・・・

| Comments (157) | TrackBack (0)

«やはりそうきたか?w